サックスは木管楽器

更新日:

木管楽器と金管楽器

元々は材質が木材か金属かでそれぞれ木管楽器または金管楽器と呼ばれていましたが、楽器が歴史の中で進化したり新しいものが発明されたりしていくうちにその分け方だと上手くいかなくなりました。

たとえばフルート。フルートは木材で作られるリコーダーが始祖なので木管楽器でしたが、今では金属製が一般的になりました。であれば金管楽器に改めればいいように思えますが、木製も現存するのでそういうわけにはいきません。

そこでこの材質による分け方を捨てたのです。以後どういう基準を設けたかといいますと、それは音が出る原理でした。表にまとめましたのでご覧ください。

  音が出る原理 代表的な楽器
木管楽器 リード(または空気)を振動させる クラリネット、、オーボエ、サックス、フルート、リコーダー、オカリナ
金管楽器 唇を振動させる トランペット、トロンボーン、ホルン、ユーフォニアム、チューバ

 

なぜサックスは木管楽器なのか

サックスは金属製のいわゆるラッパなので「どう見ても金管楽器」なのですが、上の基準を適用すればそれは間違いなく木管楽器ということになります。リード(振動する部品)で音を出す仕組みになっているからです。

これが息を吹き込む部分。マウスピースの下にリードが装着されています。ちなみにリードは植物の葦(あし)で作られているのでそう呼ばれます。このリードがサックスの吹きやすさと音色を決定づけます。

英語のスペルは「REED」。葦(あし)を英語で言うとREEDです。

-サックスを知ろう!

Copyright© サックス初心者の無料レッスン , 2018 All Rights Reserved.