サックスのビブラート

投稿日:

サックスのビブラートはアゴでかける

私はずっとフルートをやってましたのでサックスのビブラートも無意識のうちに同じ方法でやってました。しかし、サックスの教材を見ると「サックスのビブラートはアゴでかける」と書いてあるではありませんか。

 

アゴを動かすということは、つまりアンブシュアを強くしたり弱くしたりすることです。悪い表現をするならば「リードを噛んだり離したりする」ということ。リードを噛むと音は高くなり、離すと低くなるのでそれを利用するわけです。

 

ただ、やみくもにアゴを動かしてみてもぜんぜん上手くいきません。アゴを微小なレベルでコントロールすることはできないからです。そこで考え出されたのが「言葉にする」方法です。人は言葉を話すときには驚くほど繊細に口周辺を動かします。そしてそれはアゴの動きと連動しています。

 

YOUTUBEに見るサックスのビブラートやり方

お馴染み山本先生。「アオアオアオ」と教えています。

 

この先生は「オウオウオウ」。

 

海外の先生は「ヤーヤーヤー」です。

 

この先生もやっぱり「ヤーヤーヤー」。海外ではこれが一般的?と思いきや...

 

この人は「ワオワオワオ」でした。山本先生の「アオアオアオ」と同じにも聞こえますが、「ワオワオワオ」の方がぜんぜんやりやすいです。

 

-サックスの吹き方

Copyright© サックス初心者の無料レッスン , 2018 All Rights Reserved.