マウスピース、ネックへの取付け方

投稿日:

マウスピースはネックに巻いてあるコルクでネックに密着します。新品のサックスや買って間のないサックスのコルクは固くて乾いているため、慣れないうちはネックをマウスピースに差し込むのに苦労します。

 

ネックとマウスピース01

1.グリスを適量、指に付けます。

新品購入のサックスであれば必ずグリスが付属しています。

 

ネックとマウスピース02

2.ネックのコルク部分に塗り込んでいきます。

特に買ってすぐであれば、刷り込むようにたっぷり塗ってください。サックスを使い込んでいくとコルクがグリスで湿ってきて少量のグリスでもスムーズにマウスピースに入っていきます。

そのうちグリスを塗るのが面倒になりますが、コルクをケアするために必ず塗りましょう。コルクはサックスパーツの消耗品でして、経年劣化によって割れや剥がれが発生します。

 

ネックとマウスピース03

3.リガチャーのネジ部分に触れないようにしてマウスピースを掴み、捻りながらネックに挿していきます。

コルクが新しいうちはグリスを塗ってもキツくて入りにくいです。その場合はマウスピースとネックを先にジョイントさせておいて、あとからリードとリガチャーを取り付ける方法をお勧めします。その方がマウスピースをしっかりホールドしながらネックに刺すことができるでしょう。

 

 

ネックとマウスピース04

マウスピースをどこまで入れるかですが、初心者の場合はとりあえずコルクが約1センチ見えるところまで。

深く入れると音程(ピッチ)が全体的に高くなり、逆に浅いと全体的に音程は低くなります。そのときの気温や室温で音程は変化しますので上級者はまめにこの位置を調整(チューニング)します。

初心者やビギナーがここを調整したからといってたいして音程の変化は感じられません。なぜなら、サックスは作音楽器ですので吹き方で容易に音程が変化するからです。

 

ネックとマウスピース05

マウスピースの角度ですが、基本はネックを垂直に持ったときティップレールが水平になるようにします。

サックスを斜めに持つ人の場合、その状態でティップレールが水平になるように調整します。

 

-セッティングとメンテナンス

Copyright© サックス初心者の無料レッスン , 2018 All Rights Reserved.