リード、マウスピースへの取付け方

投稿日:

リードの取り付け方法は2つある

リードをマウスピースに固定するパーツがリガチャー。このリガチャーを取り付けるのが先か、それともあとかで方法が2つあります。

 

一般的には、先にリガチャーをマウスピースにかぶせておいてから隙間にリードを挿入する方法が推奨されています。その理由はリード先端のケアです。リードの先端はサックスの音の命といっても過言ではないので、ここをリガチャーで傷つけないようにするためです。

 

一方でリードを先にマウスピースに付けておいて、その上からリガチャーをかぶせる方法があります。このやり方は別にNGではありません。こちらはどちらかといえばサックス歴の長い上級者がやる方法でして、音を確認してからリガチャーのネジを絞めることができるというメリットがあります。

 

リガチャーを先に取り付ける手順

リガチャーを先に付ける01

1.リガチャーを先にマウスピースにかぶせます。

リガチャーのネジはマウスピースの裏側にくるのが一般的ですが、マウスピースの表側にくるタイプもあります。注意してほしいのは、ネジは必ずマウスピースの裏側から見て右にあることです。これが左にきているときはリガチャーが逆さまにかぶさっていますので、向きを反転させないといけません。そうでないとネジが締まりません。

 

リガチャーを先に付ける02

2.リガチャーとマウスピースの隙間にリードを入れます。

このときマウスピースを持った方の指でリガチャーを上に浮かすのがコツ。そうでないとリードが入っていきません。

 

リガチャーを先に付ける03

3.リードの位置を調整します。

基本的にはマウスピースとリードの両方の先端を一致させます。ただしこれについては個人差や好みの問題があって、コンマ数ミリ単位でマウスピースよりもリードを外に出す人もいます。髪の毛1本分を外に出すといった表現をした時代があったようですが、特別な根拠はありません。

 

リガチャーを先に付ける04

4.リガチャーを下方向に下げてマウスピースとの隙間がないようにセットします。

リガチャーをどこにセットするかもサックスの音色に影響しますが、初心者の場合は違いがわからないのでアバウトでけっこうです。

 

リガチャーを先に付ける05

5.リードをしっかり抑えながらネジを絞めていきます。

ネジの締め方ですが、キュッとやって終わりです。そこから念を入れてネジを回さないようにしましょう。ただし、かといって締め方が弱いとあとでネックと合体させるときにリードが動いてしまいます。ですので、力加減はそのへんのバランスを考えなければなりません。

 

リードを先に取り付ける手順

リードを先に付ける01

1.リードをマウスピースに貼り付けます。

 

リードを先に付ける02

2.リードの位置を調整します。

この段階でリードを指で固定して試し吹きができます。また、親指の位置でリガチャーをどこまでかぶせるかが概ねわかります。結果的にセッティングが早く完了します。先にリガチャーを付ける方法ですと、調整のたびにネジをいじる必要があります。

 

リードを先に付ける03

3.その上からリガチャーをかぶせます。

リードの先端にあたらないよう、十分注意しながらリガチャーをかぶせます。

 

リードを先に付ける04

4.リガチャーの位置を調整しながらセットします。

 

リードを先に付ける05

5.リードをしっかり抑えながらネジを絞めていきます。

 

-セッティングとメンテナンス

Copyright© サックス初心者の無料レッスン , 2018 All Rights Reserved.