サックスの種類

更新日:

サックスは数種類ある

    全長 重さ  キー
バリトンサックス  100センチ前後  6キロ前後  E♭
  テナーサックス  80センチ前後  3.5キロ前後  B♭
アルトサックス  70センチ前後  2.5キロ前後  E♭
  ソプラノサックス  60センチ前後  1.5キロ前後  B♭
  ソプラニーノ  50センチ前後  1.0キロ前後  E♭

 

この中でもっとも人気が高いのはアルトサックスです。音域が女性の声付近なので演奏のリードに向いており、ポピュラー音楽系では特に愛好者が多いです。

次に人気なのがテナーサックス。音域は男性の声あたりでして、大人のジャズといえばテナーサックスです。その次がソプラノサックスですが、これはサブ的に持ってる人がほとんどです。

サックス別の音域

ソプラノサックス、アルトサックス、テナーサックス。それぞれの音域をピアノ鍵盤で示してみました。これを見れば一目瞭然ですが、かぶっている部分がかなりあります。

テナーサックスはアルトサックスの音域のほとんどをカバーしているし、ソプラノサックスにいたっても3分の2くらいの音域をカバーしています。

サックス別の音色

というわけで、テナーサックスを持っていればアルトサックスはいらないように思えますし、アルトサックスを持っていればソプラノサックスはいらないように思えてしまいます。

では、なぜプロや上級者の多くは数種類のサックスを持っているのでしょう。それは音域の違いだけが魅力ではないからです。サックスにはそれぞれ特徴のある音色があるのです。

この動画では4種類のサックスの音色を確認できます。

-サックスを知ろう!

Copyright© サックス初心者の無料レッスン , 2018 All Rights Reserved.