サックスは家で吹けるか

更新日:

サックスの固定観念

アパートに住んでいたときフルートを恐る恐る吹いていたものですが、クレームは全くありませんでした。でも、さすがにサックスは無理だと思っていました。ですので、サックスを始めたのは一戸建の家に移ってからです。しかし、実際にサックスをやってみると

 

意外にも小さい音で吹ける

 

ではありませんか。最初はバカでかい音でしか吹けませんが、呼吸法とアンブシュアをあるていどマスターすれば音の大きさをコントロールできるようになります。「ウソでしょ」と思った方はYOUTUBEなんかでプロの演奏を見てみてください。小さい音でやさしく吹いているシーンがけっこうありますから。

 

というわけでして、アパートだからといってサックスをあきらめることはありません。もちろん一戸建の家ならぜんぜんOKですし、休日の昼間であれば全力で吹いても大丈夫だと思います。もちろん、家族にはちゃんと許可を取ってください。

 

サックスを小さい音で吹く方法

はじめてサックスを吹くときはとにかく音を出すのが精一杯ですので音量をコントロールすることはできません。ですので、最初のうちは大きな音を出してもだいじょうぶな場所で練習しましょう。そして、アンブシュアがしっかりできるようになりましょう。話はそれからですので焦ってはいけません。

 

アンブシュアが固まってくるとマウスピースを浅く咥えても深く咥えてもしっかり音が出るようになります。そうすれば、もうしめたものです。標準は先端から1センチのところに前歯を当てますが、それよりも浅く咥えるとアンブシュアは小さくなります。小さいアンブシュアでは小さい音しか出ません。息の量が少なくなるからです。

 

やり方は、標準の位置からちょっとずつ先端方向に前歯をズラしていきます。するとしだいに音量が小さくなっていくのが実感できます。あるていどのところまでいくと音が出なくなりますが、アンブシュアと息のバランスを整えてやると咥える位置がどんどん浅くなっていき、音量もどんどん小さくなっていきます。

 

 

消音器(e-Sax)は実際に使えるのか

トランペットやトロンボーンなどの金管楽器であればベル(音の出口)に消音器を付ければそれだけで音を小さくすることが出来ます。この消音器はとてもコンパクトでしかも安価でもあることから昔から自宅練習のための必需品となっています。

 

しかし、サックスの場合はそうはいきません。ベルの形状は同じですが管体にたくさんのトーンホールが開いていて、そこからも音が出ているからです。その問題を解決したのが話題のe-Saxです。ベストブラスという管楽器のパーツメーカーが発明し、2005年から販売されています。

 

  品名 クチコミと現在の価格
アルトサックス用 ES3-AS amazonで見る
テナーサックス用 ES2-TS Amazonで見る

 

写真はベストブラス社から引用したもので、使い方はこのようなかんじになります。とてもサックスを吹いているようには見えませんが、効果はバツグンです。

 

難点は運指が見えないことと、重いこと。あと、夏場は手が蒸れるといった声も多いです。運指が見えないことについてはスケルトンにすればいいように思いますが、消音効果が落ちるのでしょう。やっぱり一番の問題は重いことですね。

 

中身はこうなっていて、想像以上にたくさんのパーツからなっています。驚くのはこれは単なる消音器ではないということです。トランペットの消音器の場合は消音された音を聞くしかありませんが、このe-Saxではイヤホンで生音を聞くことができるのです。

 

つまり、マイクとプリアンプが内蔵されているのです。このシステムを使えば他の録音機材と繋いで簡単なレコーディングやバンド演奏もできてしまいます。

 

これはパーツと価格表です。この中で消耗品となるのは手を差し込むところのハンドパッキンでしょう。汗で劣化していきますので。まー、それでも数年はだいじょうぶのようです。

 

 

 

 

 

 

 

サックスの練習は臨機応変

アパートやマンション住まいの方が練習のためよく利用するのがカラオケルームです。その際は受付で「楽器の練習です」と言っておきましょう。今ではどのお店でも快くOKしてくれるようです。

 

河原や海でサックスやトランペットを吹くシーンがドラマとかでありますが、海はやめた方がいいです。潮風で楽器がやられますので。河原はいいと思います。

私はときどき公園や森の中で練習しますが、とっても気持ちいいものです。ほどよくエコーもかかったりしますから。ただし、季節は春か秋ですね。真夏や真冬は屋外は無理です。

公園での練習は人の目が気になりますが、慣れればなんてことないです。あるていど吹けるようになれば、人に聴いてもらってるのがモチベーションアップになったりします。

 

-はじめてのサックス

Copyright© サックス初心者の無料レッスン , 2018 All Rights Reserved.