俺もサックスやってみるか

私は50歳をすぎてから様々な楽器を習い始めました。若い時からやっていたのはギターくらいなもので、それもジャンジャンとかき鳴らすていどのものでした。

 

で、なぜその歳でいろんな楽器をやりはじめたのか。それは人柱になるためです。まったくの初心者が、しかも中高年の初心者が”さも難しそうな楽器”をどこまで習得できるのか。それを見てもらい、「よし俺もやってみるか」という勇気を与えることができたら嬉しいのです。

 

 

時代は高齢化社会じゃないですか。仕事をリタイアしたあと、特に男性は暇(ひま)をもてあますわけです。「もしもピアノが弾けたなら」というヒット曲が昔ありました。そう、もしピアノが弾けたら元気でいられるうちはずっと余暇を楽しめるでしょう。でも、はっきり言いますがピアノは止めた方がいいです。では、何が一番お勧めかですよね。

 

それはずばり! サックスです。

 

 

サックスはたった1か月で曲が吹ける

サックスは楽器の中で(一見すると)さぞや難しそうな楽器です。なにやら複雑な機構がいっぱい付いているからです。ほんとに何が何やら全くわかりません。「よくもまぁ、あんな複雑な楽器を操っているな」と誰もが思うはずです。実のところ、この私も未だに全てを理解していません。でも、それでもサックスの世界をじゅうぶんに楽しめています。普通の曲を演奏するのに使う部分というのは限られているからです。

 

私はフルートのサイトも運営していまして、あるていど吹けるようになるのに3か月を設定しています。一方、このサックスはたった1か月です。フルートはとにかく音を出すのに苦労しますが、サックスは最初から(とりあえず)音が出るからです。この差はほんとに大きいです。あとは音色と音程をブラッシュアップすればいい話。

 

では、さっそくいってみましょう!

Copyright© サックス初心者の無料レッスン , 2017 All Rights Reserved.